キャッシングとカードローンは何が違うのか

一般的にキャッシングとカードローンに関しては分けて説明されることがありますが、これら二つのサービスの違いをきちんと理解していない利用者が多いのも事実です。基本的に、消費者に対して少額融資のサービスを提供しているのがキャッシングです。逆に、融資の金額を気にせずに大きな金額を借りることができるメリットがあるのがカードローンの本来の特徴です。

 

しかし、近年のカードローンの中には少額融資のキャッシングを語ったカードローンが多く存在します。この場合、本質的にはカードローンはそのままカードローンとして利用されるのかキャッシングとして利用されるのかどちらになるのでしょうか。実は、少額融資で利用される場合には必ずカードローンではなくキャッシングとして利用されることになります。

 

これは、簡単な見極めで判断できます。日本の法律では、消費者に対して少額融資をするときには総量規制が適用されている貸金業法を基準にサービスを提供しなくてはいけません。そのため、カードローンを語っていても少額融資しか提供できないのならばそれはカードローンではなく実質的にはキャッシングに分類されます。これは、法律的に明らかです。

 

実際にサービスを使うときには、カードローンの限度額をきちんと精査してから自身が利用するカードローンがどのようなサービスなのかを判断しましょう。

 

カードローンと言っても様々なタイプがあり、最近では消費者金融ではなく銀行から借りるオリックス銀行を使う借り入れも人気が出てきています。